HOME>イチオシ情報>資産運用の成功は事前の情報収集にかかっています

キャッシュフローを考える

男女

土地を所有していると固定資産税がかかりますので、土地活用としてアパート経営などで収益を得たい人は多いです。アパート経営をする上で大切なのが、キャッシュフローの査定です。キャッシュフローは、その名の通りお金の流れのことです。不動産に対する投資は、不動産の生み出す収益、つまりキャッシュフローに期待して行います。言い換えますと、その不動産の投資価値はその不動産がキャッシュフローをどのくらい生み出すかにかかっているということになります。キャッシュフローを生じない不動産は投資対象とはならないです。そのため、不動産投資をする場合、まずその不動産が生み出すキャッシュフローを把握し、将来期待できるキャシュフローについて予想することが必要となります。

キャッシュフローの確保

マンションの模型

不動産投資におけるキャッシュフローは、アパート経営などにおける家賃収入などから得られます。アパート経営をする時は、自動販売機を設置することもあり、そこからのキャッシュフローも期待できます。キャッシュフローの想定は上手く行う必要があります。賃貸収入を算定するためには、既に賃貸中の不動産であれば、その不動産から得られている収入を調べます。土地活用をして新たにマンションを建設する時は、周囲の物件の不動産収入を調べて相場を知る必要があります。

収益を保てるかどうかを

マンション

土地活用をしてアパート経営をすると、安定的な家賃収入を得ることが可能となります。アパート経営をしている時は、賃料や収益率の変化を常に考える必要もあります。現在の数字をこのまま雑持できるのか、さらに上昇が見込めるのか、それとも今後減ってしまうのか、等の将来予測を行うのはとても大切です。アパート経営ではキャピタルゲインを狙うこともできるので、土地価格が高い時は売却を検討することもあります。資産運用を成功させるには、臨機応変な対応をする必要もあります。

広告募集中