なぜ利用されているのか

住宅模型

賃貸保証会社は、万が一家賃の滞納が発生した場合にそれを保証するという連帯保証人の代行を引き受けるサービスを提供する会社です。そのため物件オーナー側としては、家賃滞納による収入減を防ぐという目的で利用するケースが多いと言えます。もともとこのサービスは、連帯保証人を用意できない入居希望者のためのものだったのですが、最近は保証人を用意できる場合でも保証会社との契約を入居者に義務付ける物件が増えています。それは、このサービスが家賃滞納に対しても有効な策になるからであり、家賃収入を確実に得られるようになるからです。このサービスでは、家賃の滞納が発生すると保証会社が家賃の支払いを肩代わりしてくれるので、家賃を取り逃すことがありません。それに滞納された家賃の回収は保証会社がやってくれるため、オーナー自身が催促や回収をする手間がかからないというメリットもあります。またその他にも、賃貸保証会社を利用すると連帯保証人を用意できない人にも部屋を貸すことができるので、入居者を増やす方法として活用することもできます。あまり人気のない物件では空き室が増えて、それが家賃収入を減らす原因になってしまうこともあるでしょう。しかし保証会社を利用できる物件にすれば、連帯保証人を用意できない人を含めた多くの人に部屋を貸すことができるようになり、空き室の解消につなげることができるのです。

申し込みについて

住宅模型

賃貸保証会社の契約は、保証会社と入居者の間で行われるものなので、サービスの申し込みは入居者がやる必要があります。申し込みのタイミングは入居の申し込みと同時に行われることが多く、必要な書類に記入すると審査が行われ、それをクリアすると契約手続きがなされます。また保証会社は管理会社が指定したところを利用するケースがあるほか、物件オーナーが選ぶケースや、入居者自身が保証会社を見つけてくるケースがあると言えるでしょう。

事前に保証内容などを確認

住宅模型

賃貸保証会社を物件オーナーが選ぶ場合は、事前に保証内容や保証料の高さをよくチェックする必要があります。保証内容は家賃の保証や回収がメインになりますが、その他にも原状回復費用や裁判費用の負担といったサービスもあり、保証会社によってその内容は異なります。そして保証内容が多いほど保証料が高くなり、それを支払うことになる入居者の費用負担も増えてしまうため、保証内容と保証料のバランスを考慮することも重要になるでしょう。

広告募集中